2008年10月20日

●88の魔法〜ピアノ300年物語

300年の間に徐々に発展してきたピアノ、その足跡を語りと音楽を通じてお楽しみください。大発明だった強い音も弱い音も出すことが可能な鍵盤楽器、ピアノの発明♪  
「最初は88では無かった鍵盤の数」や「ペダルの発明」などについてお話しながら、実際の楽曲を通じて楽器の発展を、ご自身の耳でお確かめ下さい。

♪出演者 仲道祐子

♪プログラム案 
スカルラッティ:ソナタ           
モーツァルト:バター付きパン           
ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ           
ラフマニノフ:プレリュード      等 
posted by JapanArts at 15:22| コンサート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。